スタイルノートスタイルノート

文化を楽しむ出版社

『知って得するエディション講座』ができました

 2012-11-09   

知って得するエディション講座音楽之友社より『知って得するエディション講座』が刊行されました。弊社で楽譜の制作浄書を行った楽譜の版に関する解説書です。以下紹介文です。
「『ムジカノーヴァ』2009年4月号~2010年3月号連載の単行本化。どの版(エディション)を使用するかはピアノ演奏者にとって重要な問題。本書は校訂者や作曲家の意図を知り、自身の目的に見合った版を選ぶ力を育てることをねらいとしている。そのために、ピアノ学習者(中~上級)がレッスンでよく弾く曲を作曲家別に取り上げ、さまざまな版(ヘンレ版・標準版・ウィーン原典版など)や自筆譜を比較する。「版ごとの違いはどこにあるのか。なぜ校訂者はそのような判断を下したのか。初版はどうなっていたのか。作曲家は実際にはどう考えたのか」などを、譜例を使いながら紐解いていく。近年IMSLP(International Music Score Library Project:国際楽譜図書館プロジェクト)のホームページにおいて、誰もが気軽に自筆譜を閲覧できるようになり、楽譜そのものへの関心が高まっている。エディションの問題を扱った書物はこれまでにあまりないことから、本連載の単行本化が長く望まれていた。」

関連する投稿