スタイルノートスタイルノート

文化を楽しむ出版社

VOCALOID2 作成テクニック伝 音程・歌詞の入力から自然感を出すテクニックまで

永野光浩
A5判 / 176ページ / 並製
定価: 2000円 + 税
ISBN978-4-903238-45-6 C3055
書店発売日:2010年05月10日

内容紹介

“初音ミク”で一大ブームとなったパソコンに歌を歌わせる技術。その技術がヤマハが開発したVOCALOID2です。“初音ミク”の他にも“鏡音リン・レン”“巡音ルカ”、歌手Gacktが音源になっている“がくっぽいど”や声優の中島愛が音源の“メグッポイド”、そのほかにも“ボカロ先生”“ボカロ小学生”等々と様々なキャラクター音声が発売されていますが、基本のエンジンは同じ。操作も同じです。この本では、“めぐっぽいど”を例としてテクニックを解説。もちろん、どのキャラクターのデータでも利用できる汎用的な内容になっています。

メロディの入力や言葉の入力といった基本的なところから、効率よく入力を進めていく方法。手抜きしてはいけないところなど様々なテクニックを紹介。テレビ番組のテーマ曲などの作曲で活躍する著者が、実際に声優さんの声を録音して波形データを比較しながら、より本物に近づける方法を徹底的に探りました。

その他、カラオケデータに自分の好きな歌詞を乗せていく方法や、歌ではなくメッセージを話させる技もお伝えします。

VOCALOID2という画期的な技術をいかに活用していくか。VOCALOID2の枠を越えた方法も伝授する本です。

目次

第1章 音符を入力しよう
1 デフォルト設定の変更
2 音域
3 音符の入力
4 音符の修正
  〜高さや位置を直す場合〜
  〜長さを直す場合〜

第2章 課題曲「ずいずいずっころばし」の入力
1 拍子の設定
2 テンポの設定
3 グリッドライン 〜複雑なリズムの入力〜
  〜グリッドラインの変更〜
  〜音の高さ〜
4 1小節目の入力
5 ファイルの保存
6 2〜8小節目の入力
7 9小節目 〜タイの入力
8 10、11小節目の入力 〜シャープ(#)の入力
9 12小節目から最後まで
10 歌詞の入力
  〜[歌詞の流し込み]を使って入力する〜
  〜詰まる音〜
  〜音符の分割〜
  〜QUANTIZEの変更(さらに細かい音符の入力)〜
  〜各音に1つずつ歌詞を入力する〜
  〜再生〜

第3章 本当に歌っているように聞かせるコツ
1 跳ねるリズム
2 音符のノーマライズ
3 詰まる音
4 短く発音する音
5 本物の人間が歌った「ずいずいずっころばし」
6 “ゆれ”
7 ランダマイズ
8 ピッチベンド
  〜フレーズの歌い出し〜
  〜フレーズの歌い終わり〜
  〜もう一度、フレーズの歌い出し〜
  〜いろいろな場所にピッチベンドを〜
  〜高低差の大きい2音〜
  〜全体にうっすらかけるピッチベンド〜
9 子音と母音
10 短い音が連続した時のタイミング調整
11 ダイナミクス
12 アクセント
13 ベロシティ
14 同じ音が連続する時
15 ビブラート
16 ブレス
  〜ブレスの種類〜
  〜ブレスの高さ〜
  〜ブレスのタイミング〜
  〜ブレスの長さ〜
  〜少しの隙間にブレスを入れる〜
  〜トラックを追加する〜
17 全体を見渡す

第4章 他のソフトを使ってエフェクターをかける
1 ファイルの書き出し
2 OpusExpress
3 ファイルの読み込み
4 ファイルの保存
5 コンプレッサーを通す
  〜フローチャート〜
6 ボーカルをダブらせる
  〜コピー〜
  〜パン〜
  〜ファイルの移動〜
  〜Opusでのファイルの書き出し〜
7 ディレイ
8 リバーブ
  〜1段目にはルーム・リバーブ〜
  〜2段目にはホール・リバーブ〜

第5章 既成曲のカラオケにボーカロイドの歌を乗せる
1 カラオケバージョンをパソコンへ取り込む方
2 曲のテンポを調べる方法
3 テンポ値をボーカロイドに入力したのちボーカロイドで編集を行う
4 波形編集ソフトでミックス
5 波形編集ソフトでボリューム調整
6 ファイルの書き出し

第6章 ボーカロイドで留守電メッセージを作る
1 “しゃべる”特徴
2 全データ公開!
  音符の位置と[VEL]の設定
  [DYN]の設定
  [BRE]の設定
  音符の位置と[BRI]の設定
  [CLE]の設定
  [OPE]の設定
  音符の位置と[GEN]の設定
  [POR]の設定
  [PIT]の設定
  [PBS]の設定
3 仕上げ作業
  〜ノーマライズ〜
  〜ボリューム情報の入力〜

あとがき

ひとこと

VOCALOID2でボーカル音源ソフトがブレイクしました。“初音ミク”“鏡音リン・レン”“巡音ルカ”、歌手Gacktが音源になっている“がくっぽいど”や声優の中島愛が音源の“メグッポイド”、そのほかにも“ボカロ先生”“ボカロ小学生”等々、次々とVOCALOID2エンジンを使った音声ライブラリが発売されています。

この本があれば、これらVOCALOID2をエンジンとしたキャラクター音声の入力の基本から応用テクニックまでがすべて分かります。国際線の機内や高速道路のサービスエリアなどで流れる環境音楽の作曲などで活躍する著者が、実際に声優さんの声を録音して波形データを比較しながら、より本物に近づける方法を徹底的に探りました。

キャラクターの人気が非常に高いVOCALOID2関連シリーズですが、ソフトの使いこなしに徹底的にこだわった1冊です。

著者プロフィール

永野光浩(ナガノミツヒロ)

国立音楽大学作曲科卒。尚美学園短期大学講師、八王子音楽院講師、東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所共同研究プロジェクト研究員等を経て、現在、国立音楽院講師、名古屋芸術大学非常勤講師、東海大学非常勤講師。

多くのテレビ番組のタイトル曲やCM曲を創るほか、デパートや複合施設などの環境音楽、航空機内環境音楽等を作曲している。また、多くの作品集も出している。

著書に、「音を大きくする本」(スタイルノート)、「新・プロの音プロの技」(スタイルノート)など多数。

永野音楽研究所代表。


PayPalを利用して直接購入
購入手順のご案内
カード情報入力時のお名前は漢字でご記入ください

発売前の商品をカートに追加し購入決済することもできますが、発送は発売日後となりますのでご了承ください。