スタイルノートスタイルノート

文化を楽しむ出版社

腸内フローラと消化管バリアシステム 腸内フローラシンポジウム 16

伊藤 喜久治 編
A4変 / 82ページ / 並製
定価: 4800円 + 税
ISBN978-4-903238-28-9 C3047
書店発売日:2009年04月06日

内容紹介

第16回腸内フローラシンポジウムの論文及び討論を集めた論文集。「粘膜免疫と共生微生物間における相互制御について」清野宏(東京大学医科学研究所)、「硝酸塩、バクテリア、そしてヒトの健康」Jon Lundberg(Karolinska Institute, Sweden)、「腸粘膜免疫とプロバイオティクス」八村敏志(東京大学大学院農学生命研究科)、「上皮細胞と樹状細胞の相互作用と細菌への対応」Maria Rescigno(European Institute of Oncology, Italy)、「プロバイオティクス、腸内細菌による腸管上皮細胞傷害の防御」河田則文、「大腸内における短鎖脂肪酸の生成とその生理作用」佐藤直。以上の各論文を収載。

目次

1.粘膜免疫と共生微生物間における相互制御について
清野 宏(東京大学医科学研究所)
 1.ユニークでダイナミックな粘膜免疫
 2.腸管免疫の中心がパイエル板とM細胞
 3.パイエル板がなくても誘導されるIgA
 4.腸内フローラが誘導制御するM細胞も
 5.お米を使った新しい粘膜ワクチンの開発
 6.数々の利点を持つ次世代型のお米ワクチン
  討  論

2.硝酸塩、バクテリア、そしてヒトの健康
JonLundberg(KarolinskaInstitute,Sweden)
 1.要 約
 2.硝酸の由来と腸管口腔循環
 3.胃内におけるNO産生とその生理的な役割
 4.腸内共生細菌によるNO産生
 5.全身性の循環と組織におけるNOへの亜硝酸還元
 6.結 論
  文  献
  討  論

3. 腸粘膜免疫とプロバイオティクス
八村 敏志(東京大学大学院農学生命研究科)
 1.要 約
 2.序
 3.材料と方法
 4.成 績
 5.考 察
  謝  辞
  文  献
  討  論

4.上皮細胞と樹状細胞の相互作用と細菌への対応
MariaRescigno(EuropeanInstituteofOncology,Italy)
 1.要 約
 2.腸管のバリア
 3.免疫担当細胞と恒常性
 4.免疫細胞と細菌の相互作用
 5.疾患予防および治療におけるプロバイオティクス
 6.上皮細胞と樹状細胞の相互作用制御におけるプロバイオティクス
 7.最後に
 文  献
 討  論 

5.プロバイオティクス、腸内細菌による腸管上皮細胞傷害の防御
河田 則文
 1.要 約
 2.はじめに
 3.Kupffer細胞による生体防御
 4.Kupffer細胞活性化による肝障害メカニズム
 5.エンドトキシンは肝臓を障害するだけか?
 6.内皮細胞による生態防御
 7.樹状細胞による生体防御
 8.肝硬変における生体防御
 9.まとめ
  文  献
  討  論 

6.大腸内における短鎖脂肪酸の生成とその生理作用
佐藤 直
 1.要 約
 2.はじめに
 3.材料と方法
 4.結 果
 5.考 察
  謝  辞
  文  献
  討  論

総合討論
SUMMARY:IntestinalFloraandGutBarrier-system

著者プロフィール

伊藤 喜久治(イトウ キクジ)

1971 年 帯広畜産大学畜産部獣医学科卒

1973 年  東京大学大学院農学系研究科獣医学選考課程修士修了

1975 年  (特)理化学研究所 研究員補

1980 年 同研究所 研究員、博士号取得(東京大学)

1989 年 東京大学農学部 助教授

1996 年 同大学大学院農学生命科学研究科 助教授

現在 東京大学大学院農学生命科学研究科 准教授

専攻 獣医公衆衛生学,腸内細菌学

著書 「腸内フローラとDramatype:RasH2 マウスにおける腸内環境と大腸癌の発生—21世紀腸内フローラ研究の新しい動向—」学会出版センター,「腸内フローラとクロストーク」(編)学会出版センター,「プロバオティクスとバイオジェニックス」NTS,「腸内フローラと消化管バリアシステム」(編)


お買い求めになれません

関連書籍