スタイルノートスタイルノート

文化を楽しむ出版社

STYLENOTE LIVE BOOKS 1
おやじばんどの第一歩 ギターを引っ張り出して復活しよう

目黒 真二
B6判 / 104ページ / 並製
定価: 1200円 + 税
ISBN978-4-903238-27-2 C0073
書店発売日:2009年04月15日

内容紹介

眠っているギターを引っ張り出して起こしてみませんか? ギター復活への足がかりとして「最新機材&ソフトをうまく利用して効率的に練習する、音作りをする」をコンセプトに作られた本です。おやじばんどをやりたい! というあなたには特にぴったりの1冊となるはずです。もちろん、おやじばんど世代だけでなく、あらゆる世代の「ギター初心者」や「ギター復活組」も対象です。「ギターをはじめたのにうまくいかない!」「もっとカッコイイ音で弾きたい」という方も参考にしてください。

目次

序章■復活への道のり



▼とにかくギターを弾いてみよう!

 忘れてしまったアナタへ。これがギターだ!

 ギターの基礎知識

 その他あった方がよいモノ



第1章■ギターを弾くぞ!・



▼ギターとCDを同時に鳴らすには?

 ギターは特殊な電気楽器

 でかいアンプを買っちゃうか!?

 多機能スモールアンプ

▼接続端子と信号レベルの確認

▼ギターアンプの端子別信号レベルの確認

 練習用接続 その1

▼「ヘッドホンは使わないで大丈夫派」

 練習用接続 その2

▼「ヘッドホンを使いたい派」

▼オススメ! 多機能スモールアンプ

 ROLAND CUBE-15EX

 FENDERJAPAN DICE



第2章■その気にさせる音色作り



▼アンプによるディストーションサウンド

▼エフェクターによるディストーションサウンド

▼アンプとエフェクターのディストーションの違い

 最新エフェクト事情1

▼単体エフェクターとマルチエフェクター

 マルチエフェクターの代表モデル

 BOSS ME-50

 最新エフェクト事情2

▼アンプシミュレーターとは?

 アンプシミュレーターを体感してみよう!

 ハード編(1)

▼LINE6 PODX3

 誌上シミュレーション(1)

 ウエストコーストロック風オーバードライブサウンド

ハード編(2)

▼BOSS GT-10 

 誌上シミュレーション(2)

 80年代フュージョンサウンド

 ソフト編(1)

▼ZOOM ZFXPlug-in 

 誌上シミュレーション(3)

 60年代ブリティッシュロック風クランチサウンド

 ソフト編(2)

▼NativeInstrumentGuitarRig3KontrolEdition

 誌上シミュレーション(4)

 90年代メタルサウンド

▼アンプシミュレーターを使う際の注意 

 ハード編

 ソフト編



第3章■効率的な練習を叶える・



▼テンポを下げる、ということ

 テンポを下げる仕組み

 テンポをコントロールするハード

 ポータブルCDギタートレーナー

▼TASCAM CD-GT2

 テンポを落とす手順

 内蔵エフェクトを使ってみよう

 練習に便利な再生機能を使おう

 ギターカラオケでアーティスト気分にひたる!

 コンピューターソフトを活用しよう

 テンポをコントロールする代表的なソフト

▼SONYACIDシリーズ 

 テンポコントロールをおこなう際の接続

 CDのテンポコントロールをおこなう手順

 ギターソロなど特定の範囲だけ繰り返し再生するには

 テンポをコントロールできる波形編集ソフト

▼Internet Soundit! 

 CDのテンポコントロールをおこなう手順

 ギターソロなど特定の範囲を繰り返し再生するには

▼ギターといっしょに演奏するには

 応用(1)

▼外部デッキに練習を録音する

 応用(2)

▼ソフトの録音トラックへ録音する

ひとこと

もう一度エレキギターをやりたい。あるいはエレキギターをはじめたい。そんな人がとりあえずギターが弾けるようになるまでの練習をどうやったらいいのか解説しています。練習用の機器を使った方法と、パソコンを使った方法を説明。ギターの調整方法なども解説。好きな楽譜やCDを練習していくための方法がここに書かれています。(※楽譜は載っていません)

著者プロフィール

目黒 真二(メグロ シンジ)

東京写真専門学校(現・東京ビジュアルアーツ)音響芸術科卒。7年間のサラリーマン生活を経て1994 年渡米し、MI(ミュージシャンズインスティテュート)ベース科に入学。帰国後、ベーシスト/ギタリストとして数々のツアーに参加。またフリーのPA /レコーディングエンジニア/シンセサイザー・マニピュレーターとして活動する傍ら、2000 年よりDTM関連/楽器/機器のテクニカルライターとしても活動を始め、現在までに20 冊を超える著書を発行、そして20 本を超える教則DVD に出演、また雑誌「サウンド&レコーディングマガジン」、「サウンドデザイナー」などに寄稿している。また「平池 尚」として作/編曲、レーベル「ゴールデンカップ」のディレクターとしても活動している。