スタイルノートスタイルノート

文化を楽しむ出版社

地球音楽出会い旅 日本各地の暮らしの歌から世界の諸民族の響きまで、時代を越えた音紀行

水野 信男
四六判 / 236ページ / 並製
定価: 2000円 + 税
ISBN978-4-903238-10-4 C0073
書店発売日:2007年04月16日

内容紹介

『邦楽ジャーナル』誌にかつて連載された地球音楽随想のうち未書籍化のエッセーを中心に、山陰中央新報、神戸新聞、讀賣新聞の文化欄や雑誌『本のひろば』などへの寄稿文を収載。さらには最近の書き下ろし原稿もくわえた。
文化関連人物論、音楽教育論のほか、音の風物詩ないしは音楽に関わる身辺雑記等、一音楽学者の体験した音と音楽への直観的世界が広がっている。
文体は読みやすく、音楽や文化について幅広い視点から考察を展開している。

目次

第1章 〜 四季のかなでる音
花にうかれて
〈おぼろ月夜〉の拍子について
季節をあじわう
雨音にひたりながら
プロヴァンスのセミ
秋の大和路へ
晩秋、音の歳時記

第2章 〜 民俗芸能探訪
隠岐国分寺の蓮華会舞
百番の舞と神楽歌
久見神楽 みちのく躍動
上鴨川住吉神社神事舞と備中神楽

第3章 〜 海外の音楽
カッワーリー
パレスチナの歌
カクラバ・ロビとホセ・マセダ
エジプト音楽団の来日
シルクロード音楽の旅
聖地エルサレムのミレニアム
グラナダ残照
シュトックハウゼン
ホーメイ
グリオとコラ
シチリア島のマリオネット
モロッコ、南部へ

第4章 〜 音楽人
土の響き
考古学者の音楽研究
平井澄子さん
和太鼓とともに
三橋貴風さん
水野信男indd3:50:09 PM
現代音楽と邦楽器
出雲の笛師

第5章 〜 声と楽器
八雲琴
太鼓の魅力
浪曲十八番
地歌箏曲の演奏会
テルミン
ウル出土のリラ再考
ラナート・エーク

第6章 〜 音楽教育を考える
新・音楽教育事始め
やさしいガムラン教室
幼児に邦楽を与える
子どもたちの邦楽体験
カッワーリーを演ずる子どもたち
邦楽教官の着任
学校音楽が変わる!
邦楽は消滅した?
学校音楽が変わる!後日譚

第7章 〜 音楽悠々
即興演奏・賛
現代人の音楽嗜好
アマチュア時代の国際交流
フォーラム「アジア音楽の旅」
〈四分三十三秒〉
カラオケ談義
ソナタ形式と邦楽
能楽《蓮如》
音楽に国境はあるか?再々考
ブリコラージュ
あとがき

著者プロフィール

水野 信男(ミズノ ノブオ)

1937 年岐阜県生れ。東京藝術大学大学院修了。博士(文学・大阪大学)。民族音楽学専攻。兵庫教育大学教授、国立民族学博物館教授(併任)を経て、現在、兵庫教育大学名誉教授。
著書に『ユダヤ音楽の歴史と現代』(アカデミア・ミュージック)、『地球音楽紀行 音の風景』(音楽之友
社)、『音楽のアラベスク ウンム・クルスームの歌のかたち』(世界思想社)、編著に『民族音楽学の課題と
方法?音楽研究の未来をさぐる』(世界思想社)、『諸民族の音楽を学ぶ人のために』(共編、世界思想社)、訳書に『名曲の旋律学 クラシック音楽の主題と組立て』(共訳、音楽之友社)ほか。


PayPalを利用して直接購入
購入手順のご案内
カード情報入力時のお名前は漢字でご記入ください

発売前の商品をカートに追加し購入決済することもできますが、発送は発売日後となりますのでご了承ください。

関連書籍